EDITER'S MEMO 駅員×車掌篇 Oct. 2015 Update

  • SHARE
  • TWEET

「駅員×車掌」篇
— すべての撮影が終わったあとで —

今回の撮影場所は銀座線 溜池山王駅・表参道駅。
終車後、銀座線1000系車両と乗客役のエキストラを配して、実際の駅のホームに近い状況を再現しての撮影となりました。撮影中は駅員も車掌も実際の業務さながらに、安全確認と合図を繰り返し行っていただきました。そのひとつひとつ、丁寧に集中して取り組む姿から、私たちの日々の安全が守られている様子も実感することができました。

昨日と同じ今日。今日と同じ明日。

いつものように家を出て、
いつもの道を通り、
いつもの駅で、
いつもの時間に、
いつもの電車に乗る。
いつものように電車は発車し、
いつもの駅で降車する。

あたりまえだけれど、
かけがえのない日常。

ホームには何万、何十万もの日常が集まり、
それぞれの場所へと移動していく。

電車の運行を秒単位で意識しながら、
乗降の際のお客様の動きを凝視し、予測し、
日々、安全と安心を創造する。

一瞬一瞬の積み重ねで、
駅を利用するすべての人々の日常を守り抜く。

あたりまえが持つやさしさ。
あたりまえが持つぬくもり。
その重さを胸に刻みながら、
ホーム上の安全確認が、今日も繰り返される。

このページをシェアする

  • SHARE
  • TWEET